K・T supporterの両立介護サポート

高齢社会と言われる日本では、現在でも高齢者の人口は増え続けています。
高齢者の増加に伴い、介護保険制度上の要支援・要介護認定者数は増加しています。
今後は今以上に家族の介護・看護を行う人も増えることが見込まれています。

介護には、管理職として活躍していたり職責の重い仕事に従事している
40歳から50歳代の人が直面するケースがよく見られます。
しかし「どうしたらいいかわからない」「仕事を続けるのが難しい」と
悩む人が多いようです。

働き盛りの社員が介護を理由に離職することは、企業においても大きな損失となり
社会問題の一つとなっています。

仕事と介護の両立支援に取り組む企業が出てきているようですが
全体的には、まだ対策が不十分な企業も多いようです。

そこでK・T supporterでは企業の仕事と介護の両立支援をサポートします。
介護が必要になった社員への対応には専門的な知識が必要なことも多く
仕事と介護の両立支援を難しくしている要因の一つです。

認知症に関する資格やカウンセラーの資格を有し在宅介護経験もある
専門知識を持ったスタッフが対応いたします。

平成29年1月1日に改正された育児・介護休業法により
企業への助成金の「介護離職支援助成金」は受給要件が厳しくなりました。
また、申請には15種類以上の書類の提出が必要となり
申請書の作成にも労力を要します。

K・T supporterでは受給要件を満たすことができるかを事前に確認し
満たしている場合は申請の代行も承ります。

介護が社員や会社に及ぼす影響は避けることはできませんが
お互いにとってより良い方法を導くことができるようにお手伝いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする